スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


GP2X Wizの開発環境を構築する!? (その2)

前回MacにGP2X Wizの開発環境を構築しようとし、配布ファイルがLinux用だったため、あきらめた。
だが我が家には実はLinux環境があるのでした。NASとして使っているマシンです。こいつにWizの開発環境を構築してみましょう。

まず前回同様 ここ から Openwiz linux toolchainをダウンロードしてくる。
試しにmakeしてみるソースとしては、せっかくなので gpSP source code を選んでみた。

home directoryの下は今回のファイルのみ。ちょっとさみしい。

[hissorii@ge110 ~]$ pwd
/home/hissorii
[hissorii@ge110 ~]$ ls
gpSP-0.9-2Xb-u5_src.tar.bz2 openwiz011909.tar.gz
[hissorii@ge110 ~]$



まずは開発環境を展開。arm-openwiz-linux-gnuというディレクトリができる。

[hissorii@ge110 ~]$ tar zxf openwiz011909.tar.gz
[hissorii@ge110 ~]$ ls
arm-openwiz-linux-gnu gpSP-0.9-2Xb-u5_src.tar.bz2 openwiz011909.tar.gz
[hissorii@ge110 ~]$ ls arm-openwiz-linux-gnu/
arm-openwiz-linux-gnu bin include info lib libexec man share
[hissorii@ge110 ~]$



次にgpSPのソースを展開する。こちらはgpsp_srcというディレクトリにソースが展開される。

[hissorii@ge110 ~]$ tar jxf gpSP-0.9-2Xb-u5_src.tar.bz2
[hissorii@ge110 ~]$ ls
arm-openwiz-linux-gnu gpsp_src
gpSP-0.9-2Xb-u5_src.tar.bz2 openwiz011909.tar.gz
[hissorii@ge110 ~]$ ls -F gpsp_src/
COPYING.DOC cpu.c game_config.txt input.h psp/ video.h
build.txt cpu.h gp2x/ main.c readme.txt x86/
cheats.c cpu_threaded.c gui.c main.h sound.c zip.c
cheats.h disasm.c gui.h memory.c sound.h zip.h
common.h font.h input.c memory.h video.c
[hissorii@ge110 ~]$



さっそく、gpsp_src/gp2xの下におりてmakeファイルを適当に編集する。差分は以下。

[hissorii@ge110 gp2x]$ diff -u Makefile.org Makefile
--- Makefile.org 2009-06-14 06:06:16.000000000 +0900
+++ Makefile 2009-07-09 23:09:49.000000000 +0900
@@ -4,9 +4,12 @@

# Global definitions

-PREFIX = /opt/open2x/gcc-4.1.1-glibc-2.3.6
-CC = $(PREFIX)/bin/arm-open2x-linux-gcc
-STRIP = $(PREFIX)/bin/arm-open2x-linux-strip
+WIZ = 1
+
+PREFIX = /home/hissorii/arm-openwiz-linux-gnu
+
+CC = $(PREFIX)/bin/arm-openwiz-linux-gnu-gcc
+STRIP = $(PREFIX)/bin/arm-openwiz-linux-gnu-strip

OBJS = main.o cpu.o memory.u video.o input.o sound.o gp2x.o gui.o \
cheats.o zip.o cpu_threaded.z arm_stub.o video_blend.o \
[hissorii@ge110 gp2x]$



変更点はOpenwiz linux toolchainのディレクトリ、gcc, stripのファイル名を変更、後はWiz用のdefineが有効となるようにWIZ=1を追加した。

では、早速makeしてみよう。

[hissorii@ge110 gp2x]$ make
/home/hissorii/arm-openwiz-linux-gnu/bin/arm-openwiz-linux-gnu-gcc -DARM_ARCH -DGP2X_BUILD -DWIZ_BUILD -O3 -std=c99 -msoft-float -funsigned-char -fno-common -fno-builtin `/home/hissorii/arm-openwiz-linux-gnu/bin/sdl-config --cflags` -I/home/hissorii/arm-openwiz-linux-gnu/include -c -o main.o ../main.c
/bin/sh: /home/hissorii/arm-openwiz-linux-gnu/bin/sdl-config: そのようなファイルやディレクトリはありません
In file included from ../main.c:20:
../common.h:105:19: error: SDL.h: No such file or directory
In file included from ../common.h:245,
from ../main.c:20:
../sound.h:120: error: expected '=', ',', ';', 'asm' or '__attribute__' before '*' token
../sound.h:121: error: expected '=', ',', ';', 'asm' or '__attribute__' before '*' token
../main.c: In function 'quit':
../main.c:932: warning: implicit declaration of function 'SDL_Quit'
../main.c: In function 'delay_us':
../main.c:1002: warning: implicit declaration of function 'SDL_Delay'
make: *** [main.o] エラー 1
[hissorii@ge110 gp2x]$



ちゅどーん、エラー。SDL関連は別途必要ですかそうですか。続く。


Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hissorii.blog45.fc2.com/tb.php/9-98988583

«  | HOME |  »

プロフィール

ひっそりぃ

Author:ひっそりぃ
Twitter:@hissorii_com
GitHub:hissorii


月別アーカイブ


最新記事


カテゴリ



最新コメント


最新トラックバック




RSSリンクの表示


Amazon


QRコード

QRコード

Amazon


ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンタ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。