スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


DINGUXのシステムアップデートきました

Dingoo (丁果) A-320用DINGUX(Linux)システムと開発環境であるtoolchainがアップデートされました。

情報ソース: DINGUX: System and toolchain updated:

システムの変更点をざっと斜め読みすると、以下となります。

(1) usbイーサネット関連のlinuxカーネル2.6.24.6での修正の取り込み。これでWindowsのRNDISドライバが動作するようになった。(でもまだだめで、FTP経由で負荷かけると数秒と持たない)
(2) SDL_NOMOUSE=1のおまじないが不要となった
(3) busyboxのアップデート
(4) /etc/TZが/usr/local/etc/timezoneを指すようにsymbolic linkを追加
(5) /usr/local/以下にありがちなディレクトリをあらかじめ掘っとくよ
(6) /usr/local/etc/timezoneをあらかじめ作っとくよ


とりあえず(1)が正しく動けばWindowsな人はUSB経由でのネットワークアクセスがきちんと動くようになるのですが、まだ安定していないようですね。
まぁ、miniSDがFAT32フォーマットでよくなり、FAT32上に見えるディレクトリにファイルを突っ込めばDINGUX側からmountされて見えるようになったので、あまり不便はないですが。
また、(4)の修正でユーザ環境ごとのtimezone設定をFATで見えるファイル書き換えで対処できるようにしたようです。

開発環境toolchainの修正はそれほど多くなくて、今までファイルのownerが作者のuserだったのをrootに変更し、付属のSDLライブラリがSDL_NOMOUSEのおまじない不要となった程度なので、もし自作アプリがSDLをdynamic linkしているなら(recompileも不要なので)ダウンロードし直す必要もないとのこと。

あと、homeディレクトリが/直下になってしまう問題も直したいそうだが、この値はinit(linuxで最初に起動されるプログラム)により設定されていて、initのプログラムをいじるしかないけど、それはちょっと違う気がする。ので、とりあえず/usr/local/sbin/mainスクリプトにHOME=/usr/local/homeと書いての対処がまだ必要とのこと。あとメモリ節約のために、メニューアプリの実行にはexecを使うのを忘れないでね、とのこと。

まさに今、着々と進化している、という感じですね。


Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hissorii.blog45.fc2.com/tb.php/28-0dee7548

«  | HOME |  »

プロフィール

ひっそりぃ

Author:ひっそりぃ
Twitter:@hissorii_com
GitHub:hissorii


月別アーカイブ


最新記事


カテゴリ



最新コメント


最新トラックバック




RSSリンクの表示


Amazon


QRコード

QRコード

Amazon


ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンタ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。