スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


xkeropiの画面出力をGDKからSDLに置き換える

前回の記事で、コンパイルを通したxkeropiの起動にあえなく失敗したわけですが、ざっとソースを見たところX11が15bppか16bppで動作していることが前提のようです。

一瞬X側の設定を変更しようかとも思いましたが、それは何となく負けな気がして。
architecture independentなportable codeのX68000エミュレータ(笑)を目指すためには、画面出力やキー入力等もいずれはSDLで実装する必要があると考えていたので、とりあえず画面出力をGDKからSDLに置き換えてみた。

とりあえずこんな感じで立ち上げることができました。
GDKtoSDL

手前側のウィンドウがSDLでの画面出力です。GDKのコードはまだ残っているので奥側にもGDKウィンドウが残っています。
SDL側ウィンドウの上部の白い帯はデバッグ用に出力したもので本来は描画されません。

およそ一年ぶりのコード読み書きでちと疲れたので、コード修正の解説は次回にしましょう。


Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hissorii.blog45.fc2.com/tb.php/210-070594ae

«  | HOME |  »

プロフィール

ひっそりぃ

Author:ひっそりぃ
Twitter:@hissorii_com
GitHub:hissorii


月別アーカイブ


最新記事


カテゴリ



最新コメント


最新トラックバック




RSSリンクの表示


Amazon


QRコード

QRコード

Amazon


ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンタ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。