スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


GP2X Wizの開発環境を構築する!? (Mac編)

前回構築したLinux上の開発環境を使ったコンパイル作業等もまだ確認が完了していないが、先に前回の記事でコメントいただいたMac用のMac Wiz Toolchainを試してみる。

ダウンロードはここから。
ダウンロードしたwiz mac 01.zipファイルを展開してみる。
ファイルは以下が含まれていた。

$ ls -lR wiz\ mac\ 01
total 114728
-rw-r--r--@ 1 hissorii staff 0 7 15 17:22 Icon?
-rw-r--r--@ 1 hissorii staff 58535997 12 24 2008 devkitARM_r2.dmg
drwxr-xr-x@ 10 hissorii staff 340 7 20 22:53 devkitWiz

wiz mac 01/devkitWiz:
total 64
-rw-r--r--@ 1 hissorii staff 983 7 15 17:30 README.TODO.txt
-rw-r--r--@ 1 hissorii staff 65 7 15 17:32 README.html
-rwxr-xr-x@ 1 hissorii staff 12588 7 15 17:13 macWiz
-rw-r--r--@ 1 hissorii staff 449 7 15 17:29 make.rb
-rw-r--r--@ 1 hissorii staff 132 7 15 17:00 wizTest.c
$


まず、devkitARM_r2.dmgが今回の開発環境そのもの。

devkitWizディレクトリを見てみると、まずREADME.TODO.txtがreadme。
中身を簡単に抜粋すると、このパッケージでインストールされるのは以下。
• GCC version 4.0.2 for ARM-Linux
• Binutils 2.16.1
• glibc-2.3.5
• linux-libc-headers-2.6.12.0
• glibc-linuxthreads-2.3.5
また、インストール先ディレクトリは/opt/local/devkitproとのこと。
TODOを見ると、SDLは今回同梱されていないようなので、ちょっと残念。

README.htmlは↓これだけ。

if wizTest.gpe built all is fine. Happy Wiz development.


macWizはmacの実行形式ファイルでした。実行してみたら、世界に挨拶した。

$ file macWiz
macWiz: Mach-O executable i386
$ ./macWiz
hello world
$



wizTest.cは世界に挨拶するCのプログラム。

make.rbはPATHに/opt/local/devkitpro/devkitGP2X/binを追加して、wizTest.cをコンパイルして、Wiz用のwizTest.gpeを作成し、さらにMac用のwizTestを作成するrubyのスクリプトでした。Mac用のコンパイルにはXcodeまたはMacPortsでのgccのインストールが必要。

# tries to build wizTest for mac and linux
# assumes that the arm toolchain is already installed

def task(description, what)
 print description + ": "
 puts system(what)
end

source = "wizTest.c"
executable = "wizTest"

task("set path & compile for Wiz", "PATH=$PATH:/opt/local/devkitpro/devkitGP2X/bin && arm-linux-gcc -o #{executable}.gpe #{source}")
task("compile for Mac", "gcc -o #{executable} #{source}") # needs gcc from xcode or macports
$



では、実際にdevkitARM_r2.dmgをダブルクリックしてインストールを実行する。特に難しいところはない。

インストールが終わったら、wiz mac 01/devkitWizディレクトリ以下で先ほどのmake.rbスクリプトを実行してみる。

$ ruby make.rb
set path & compile for Wiz: true
compile for Mac: true
$


たしかにMac用のwizTestとWiz用のwizTest.gpeができたようだ。

$ ls -lt
total 112
-rwxr-xr-x 1 hissorii staff 12588 7 20 23:32 wizTest
-rwxr-xr-x 1 hissorii staff 7474 7 20 23:32 wizTest.gpe
-rw-r--r--@ 1 hissorii staff 65 7 15 17:32 README.html
-rw-r--r--@ 1 hissorii staff 983 7 15 17:30 README.TODO.txt
-rw-r--r--@ 1 hissorii staff 449 7 15 17:29 make.rb
-rwxr-xr-x@ 1 hissorii staff 12588 7 15 17:13 macWiz
-rw-r--r--@ 1 hissorii staff 132 7 15 17:00 wizTest.c
$ file wizTest wizTest.gpe
wizTest: Mach-O executable i386
wizTest.gpe: ELF 32-bit LSB executable, ARM, version 1 (ARM), for GNU/Linux 2.0.0, dynamically linked (uses shared libs), for GNU/Linux 2.0.0, not stripped
$


Mac用のwizTestを実行してみる。

$ ./wizTest
hello world
$



ということで無事終了。今Wizが手元にないので、戻ってきたらWiz用のファイルのテストも行ってみたいと思う。


Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hissorii.blog45.fc2.com/tb.php/20-6d1e8498

«  | HOME |  »

プロフィール

ひっそりぃ

Author:ひっそりぃ
Twitter:@hissorii_com
GitHub:hissorii


月別アーカイブ


最新記事


カテゴリ



最新コメント


最新トラックバック




RSSリンクの表示


Amazon


QRコード

QRコード

Amazon


ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンタ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。