スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


丁果A-320の兄弟!?「NanoNote」

というわけで、前から記事にしようと思いつつもなかなか記事にしなかった、丁果A320と似た内部構造を持ち、キーボードを備えたQi Hardwareの「NanoNote」の紹介です。

■情報ソース: 本 NanoNote™ « Qi Hardware:
Qi Hardware:
(via nanonote versus dingoo: relation? mutation? evolution?: Dingoonity)

800px-Qihardware_ben_nanonote_20091222075643.jpg

●prboomでQuakeを動かしている動画
Doom y Quake en Ben NanoNote (videos) | www.tuxbrain.com:

nanonote_quake
アップロード者 tuxbrain. - すばらしい科学やハイテク技術に関する動画をもっとお楽しみください。


では、もう少し見てましょう。
スペックは

* 336 MHz XBurst Jz4720 MIPS-compatible CPU
* display: 3.0” color TFT
* resolution: 320 x 240, 16.7M color
* dimension (mm): 99 x 75 x 17.5 (lid closed)
* weight: 126 g (incl. battery)
* DRAM: 32MB Synchronous DRAM
* headphone jack (3.5 mm)
* SDHC microSD
* 850mAh Li-ion battery
* 2GB NAND flash memory
* mini-USB: USB 2.0 High-Speed Device
* speaker and microphone

ということで、心臓部が丁果A320がJz4740なのに対してJz4720という物が載っています。残念ながらA320より性能は低いようです。また、SDがmicroSD対応となり、内蔵のNANDフラッシュが2GBと半減、バッテリ容量も半分ですね。値段は100USドル程度になるようです。

Dingoonityのスレを読んでみると、既にzearさんがテストボート上で開発を行っているそうで、dinguxとバイナリ互換ですがディスプレイがA320が16bppなのに対してNanoNoteが32bppなので、その部分を変更する必要があるそうです。ただやはりA320に比べ、性能は劣るようですね。
ちなみに以下がzearさんの「ペーパーウェア」NanoNote。風が吹けば飛びそう、いや飛ぶ。一応サイズはあっているようなので大きさ比較はできますね。
7b078d1e75e9cc62482aeeaa3472f2.png

gtk2も動いているので、いろいろアプリが移植されることが期待できます。ただしX Window上でgtkが動いている訳ではなく、directFBを使っているとのこと。
GTK2 running on top of DirectFB on OpenWrt!:
ben-directfb-gtkperf.jpg

また、zearさんはDingoonityスレで

With the SDIO WIFI (which was already tested and confirmed to work) it can work as:
* mail reader
* irc/xmpp client
* web browser (with Opera Mini via phoneME this could be actually usuable)

Of course there's a long way before it will have any of that uses.
So far there are no ready GUIs/window managers.
There are works on OPIE and X11 ports, but that's yet to be tested.

なんて素敵なことを言っています。
SDIO WIFIとはSDカード形状の無線LANカードで、既にテストして動作しているとのこと。microSD形状のSDIO WIFIなんてあるのでしょうか?microSD-SD変換しているのかも。
OPIEについては、↓ここら辺を参照。
OPIE - Wikipedia:
OPIEやX Window Systemも簡単ではないと思いますが、動作する様になるとよいですね。

実はこのデバイス、以下の記事にて3ヶ月前に紹介してたりします。
丁果A320用Linux、DINGUXの現在の状況について
DINGUX作者のboobooさんの所には既にプロトタイプが送られているそうです。

ただしまだ未発売で、「Ships this fall」となっているのでもうすぐ出るのかな?もう冬な感じですが...

性能的にはちょっと低めな感じですが、実はこれopen hardwareを目指して開発されている初号機「本 NanoNote」であり、「芽 NanoNote」、「木 NanoNote」、「果 NanoNote」とユーザの意見を取り入れて進化していくそうです。
本はBenと発音するそうですが、根本的とか基本の本なのでしょうか。

キーボード付きのopen hardwareと言えばPandoraですが、NanoNoteもおもしろそうですね。どちらが先に出荷されるのだろう...


Comment

[184]

そういえばありましたね。
丁果と性能互換なら良かったんですけどね~
そんなに高くないはずなのに、丁果が安すぎるせいで価格も気になるけど…
でも、グレードアップしていくというのは楽しみ。
当然Pandoraを視野に入れて「キーボード+パッド」って展開もありそう。
十字キー・6ボタン・アナログスティック1本・キーボードにwifiでおk。
これでPandoraより二回り小っさくて25kなら即買い!

[187]

ってことはdingooもWiFiいけるってことでしょうか?!
詳細情報が気になるところ…。

[188] Wi-FiがDINGUXで可能かも?

詳細は↓のURL先にてありました
http://plaza.rakuten.co.jp/mamosuke2008/?func=diary&act=view&d_date=2009-07-03&d_seq=0001&targetdate=200912

どうも、MiniSDスロットに差し込む形のWi-Fi機器が有ったんだそうな……
盛大なプロジェクトだぁね
記事が7月の物だからひょっとすると何か進展が……あったら話題に上がるよねorz
躓いているんだろうか……

Nano Noteは日本語記入が出来るのであれば是非とも欲しい。
Libretto 60+Windows98SE(コンパクトインストール)止まりなんだよな、持ち運びエディター。
やはく、引退させてやりたい(ガワが結構ひび割れてきてるし)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://hissorii.blog45.fc2.com/tb.php/170-2afa5e60

«  | HOME |  »

プロフィール

ひっそりぃ

Author:ひっそりぃ
Twitter:@hissorii_com
GitHub:hissorii


月別アーカイブ


最新記事


カテゴリ



最新コメント


最新トラックバック




RSSリンクの表示


Amazon


QRコード

QRコード

Amazon


ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンタ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。