スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

X68000エミュレータPX68KをiOSに移植する(準備編その1)

おぉ、一か月以上間があいて広告が追加されていますが、こんばんは。

twitterではちょこちょこと作業報告していましたが、iPhoneやiPad等、iOSデバイス向けにX68Kエミュのpx68kを移植しています。
現状Mac OS Xで動作するiOSシミュレータ上でpx68kが動作するところまで作業は完了しています。

その後、実機で動作させるのはどうするんだっけ?とか、
あー、ここまでの作業内容を記録しておかないとまた忘れるな、でもドキュメント書き面倒くさいなーとか、
考えているうちに二週間ほど過ぎてしまいました。

とりあえず忘れないうちに、今回と次回は作業メモです。

■SDLライブラリを作成する

px68kはSDL(Simple DirectMedia Layer)というライブラリを利用し、さまざまなデバイスへ移植しやすいエミュレータを目指しています。

今回は、このSDLライブラリをiOS向けにビルドする手順を説明していきます。
なお、Mac OS X 10.9 (Mavericks)、Xcode 5.0.2 を使用しています。

■SDLのソース入手

http://www.libsdl.org/download-2.0.php よりSDL2のソースアーカイブを取得します。
今回使ったのはSDL2-2.0.1.tar.gz

これを展開します。
今回は~/src/に展開しました。

続きを読む »

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

ひっそりぃ

Author:ひっそりぃ
Twitter:@hissorii_com
GitHub:hissorii


月別アーカイブ


最新記事


カテゴリ



最新コメント


最新トラックバック




RSSリンクの表示


Amazon


QRコード

QRコード

Amazon


ブログランキング

ブログランキング【くつろぐ】
にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


カウンタ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。